ページの先頭です。

2009/11/19 10:58

インタビュー

[週刊BCN 2009年11月16日付 Vol.1309 掲載]

<人に人脈あり>41.迷いを漠然と問える仲
ユニメディア社長 末田真氏(ビックタウン社長CEO 近藤勝俊氏を評して)

推薦理由

ビックタウン社長CEO 近藤勝俊氏
「自分はそこそこ強気な経営者だと思うが、末田さんは常に強気」と、ビックタウンの近藤氏は末田氏を評す。「ビジネスセンスに長け、若いのに経験と実行力がある。互いに切磋琢磨できるよい意味での好敵手」とみている。
 ユニメディアはモバイルインターネットを活用したマーケティング支援で業績を伸ばしてきた会社だ。携帯電話やパソコンのウェブサイト、リアルの店舗などから得た顧客の動きを総合的に可視化するサービス「UMAP(ユーマップ)」を独自に開発。これを中核としたトータルなマーケティング支援が顧客から評価され、大手外食チェーンを初めとする250社余りからサービス提供の契約を得ている。

 だが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。社長の末田真氏が同社を起業した2001年から数年後。事業が軌道に乗り始めた矢先に、些細な人間関係のもつれから、当時50人ほどしかいなかった貴重な社員の半分が次々と辞めてしまった。末田氏は「今から思えば、大学の仲良しサークルの延長線上で、会社組織とはいえない面があった」と振り返る。社員の行動指針を意味する「クレド」を策定するなどして立て直したものの、組織づくりや人材育成では、今でも迷う場面がある。

 末田氏を紹介してくれたビックタウン社長CEOの近藤勝俊氏は、こうした経営者ならではの悩みを聞いてくれる数少ない同志の一人。1976年生まれの末田氏より少し年長で、組織づくりに関しては一家言ある近藤氏。家族を大切にし、社員は「弟・妹のような存在、つまりパートナーだ」(近藤氏)というスタンスで臨んでいる。末田氏曰く、「ビックタウンの営業マンの生産性はうちの倍はある」と、近藤氏のリーダーシップの手腕に舌を巻く。

 二人の出会いは、このシリーズにご登場いただいたサクセスネットワークス社長の北村勝利氏、ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス社長の福田淳氏と同じ、2年ほど前に福岡で開かれたモバイル関連のイベントでのこと。以来、「メタボの会」の名で、四半期に一度は顔を合わせる仲となった。

 「偉い先生の本を読んだり、講演を聴くのはもちろん重要。だが、それ以上に、同じ業界のほぼ同じ年代の経営者に“これ、いったいどうしたらいいんだ?”と、漠然と質問できるというのは、実はとてもありがたいこと」と、末田氏は人と人のつながりの大切さを語る。(安藤章司)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)