ページの先頭です。

2009/12/10 10:58

インタビュー

[週刊BCN 2009年12月07日付 Vol.1312 掲載]

<人に人脈あり>44.WebSphere立ち上げた“戦友”
アドビシステムズ ディレクター マーケティング本部長 伊藤かつら氏(日本IBM 古長由里子氏を評して)

推薦理由

日本IBM パートナー事業 パートナー・ストラテジー&マーケティング部長 古長由里子氏
伊藤かつら氏は、スピード感ある判断力と女性らしい気配りで、チームを率いていた。一緒にWebSphereビジネスを立ち上げた際に「IBMらしくない」マーケティング施策を展開したことを思い出す。
 アドビシステムズのディレクター マーケティング本部長、伊藤かつら氏は日本IBMで製造業の担当SEに従事。ソフトウェア事業部に配属になった際に、入社してきた古長由里子氏に出会った。

 伊藤氏は大学を卒業後、すぐにIBMに入社。一方、古長氏は数少ない女性の中途入社組。「新卒入社組とは、ひと味違う雰囲気の人だった。日本IBM以前に何社か経験されていて、非常に華やかな印象を受けた」と振り返る。

 日本市場でソフトウェア製品群「WebSphere(ウェブスフィア)」を立ち上げた“戦友”で、当時伊藤氏はWebSphere事業の責任者の任に就いていた。「私は技術畑出身で、古長さんはマーケッター。違う立場から意見を聞くことができ、いろいろと刺激を受けることが多かった」。伊藤氏は古長氏を「根性とガッツがある人」と評する。

 WebSphereを市場投入する際、IBMは技術者に対するマーケティングが必要だと、「WebSphere Night」というイベントを開催した。米国では、ニューヨークのスパを借り切って大々的に行われた。今でこそ日本でも当たり前に行われるという、お酒あり、日ごろのデスクワークで疲れている技術者のために、マッサージありのエンターテインメントイベント。当時は初めて日本市場で開催することになり、伊藤氏と古長氏が中心となって進めていった。「社員は皆、本当に成功するのか、ひやひやしていたけれど、私は安心していた」と伊藤氏。

 このイベントについて、伊藤氏は古長氏と一緒に構成などを決めていたが、いざ本番当日になると、伊藤氏は古長氏にすべてを任せて出張に行ってしまったそうだ。当時の仲間に会うと、出張に行ってしまったことを今でも冗談で責められることがあるというが、「古長さんのマーケッターとしてのセンス、実行力に絶大な信頼を置いていたので、安心して出張に行くことができた」と笑う。

 今は、プライベートでも飲み仲間。最近は忙しくてなかなか会えない日が続くものの、時折会っては、情報交換などを行っている。(鍋島蓉子)

次回は 日本インフォア グローバル・ソリューションズ マーケティング本部長  八田朝子氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)