ページの先頭です。

2010/02/04 10:37

インタビュー

[週刊BCN 2010年02月01日付 Vol.1319 掲載]

<人に人脈あり>51.企画力と行動力に感銘
日本ユニシス パブリックPM課スペシャリスト 澁谷真智子氏(マイトベーシックサービス 戸田裕子氏を評して)

推薦理由

マイトベーシックサービス 企業情報グループマネージャー 戸田裕子氏
 澁谷真智子氏について戸田裕子氏は、「良い意味で女性っぽくないところに気が合う」という。家族ぐるみで長くつき合っていることから、子どものことを中心に「何でも話し合える仲」だとか。
 日本ユニシスの澁谷真智子氏とマイトベーシックサービスの戸田祐子氏は、十年来のつき合いになる。ビジネスで直接関わったことはないものの、「企画力と行動力がある」と澁谷氏は戸田氏を評価する。子どもを通じて戸田氏と長い交際の時間を過ごしてきたので、人柄をよく知っている。

 二人は“ご近所さん”で、家族ぐるみの親交がある。深く話し合うようになったのは、自宅の最寄駅で一緒になったのがきっかけ。以前からお互いの子どもが学童保育に通っていたため顔見知りだったが、「どのような仕事をしているかまでは知らなかった」。たまたま二人とも、その日は終電だった。働きながら、母と主婦としての仕事もこなさなければならない。偶然に同じ電車で出会い、「戸田さんは頑張っているんだな。私も頑張らなくちゃ」と、やる気が出たそうだ。

 学童保育で二人とも役員を務めた時、「戸田さんは凄い人だ」と実感した。会社勤めで役員を務めるというのは、目一杯、時間に追われることを意味する。会社と自宅で“全力投球”しながら役員を務めるのだ。ところが、「戸田さんは、子どもたちが楽しめるようなアイデアを次々と出し、すぐに実行していた」ところに能力の高さを感じた。一気にファンになった。

 澁谷氏は、プロジェクトマネジメント(PM)を手がける組織のPM室パブリックPMスペシャリストとして活躍している。IT業界の道に進んだのは、「さまざまな可能性がある」と判断したため。入社当時はSEとして業務に没頭した。日本ユニシスに入社して感じたのは、「(育児制度など)女性が働きやすい環境を与えてくれている」ということだ。子どもが3人で、出産前後は子育てのために育児休暇をとった。「周りが理解してくれた」。このようななかで、SEやPMなど多くのスキルが身につくことに「やり甲斐を感じている」し、「IT業界はまだまだ大きな可能性を秘めている」と考えている。

 今は、「(お互いの子どもが)高校受験ということで、そのことも含めていろいろと話し合っている」そうだ。会社と家庭の両立する者同士だからこそ分かり合える関係が、二人の間にはある。(佐相彰彦)

次回は ユニアデックス 商品戦略部マーケティング室主任  蔡雪瑩氏

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)