ページの先頭です。

2010/06/03 09:20

インタビュー

[週刊BCN 2010年05月31日付 Vol.1335 掲載]

<人に人脈あり>67.よきアドバイザーに恵まれて
ゲート 代表取締役 森本俊彦氏(イーサプライズ 取締役営業統括本部本部長 辻本和孝氏を評して)

推薦理由

イーサプライズ 取締役営業統括本部本部長 辻本和孝氏
森本さんは、JTの管理部門出身の人。非常勤の取締役だった時にゲートに入社してきた。ゲートは、いろいろな問題を抱えていたが、事業の方向転換を図ったやり手の経営者だ。現在も頻繁にお酒を飲む。
 コンピュータ周辺機器やヘッドセット製品、ゲーム機器の流通・販売を手掛けるゲート。代表取締役を務める森本俊彦氏は、異色の経歴をもつ。IT業界に飛び込む前は、日本たばこ産業(JT)で管理・人事畑を歩んできた。管理部門は満足できる仕事ではなく、「なんでこんなことをやらなければならないのか」と、焦燥感を募らせていた。そんな時に人事に転属となり、今度は「暇になった」。仕事にやりがいを感じられなかった森本氏は退職を決意した。

 イーサプライズの辻本和孝氏と初めて顔を合わせたのは転職活動の時。当時コンピュータウェーブに身を置いていた辻本氏と、面接で初めて顔合わせした。森本氏は、採用の連絡を受けたが、入社は辞退することにした。転職ではなく、起業の道を選択したのだ。友人とソフトウェアハウスを立ち上げたものの、経営は順調とはいかなかった。厳しい状況に置かれていたなかで、辻本氏と二度目の出会いを経験した。

 辻本氏と共通の知人とのつき合いがあったことが縁で、ゲートの門を叩くことになった。同社は、アップル専門の周辺機器を取り扱いたいと、コンピュータウェーブの社員が独立して立ち上げた経緯がある。森本氏の入社当時、辻本氏は非常勤の取締役の立場にいた。業界内で「だんだんシェアが落ちてきていた」頃で、業績は順調とはいえなかった。

 ゲートの3代目社長に就任した森本氏は、経験豊富な辻本氏にこれまでアドバイスを仰いできた。話題になるのは、新規市場の開拓に向けた戦略や営業のあり方などについて。辻本氏のことを「業界の生き字引で、とても考察が深い人物」として、敬意を払う。「現場で一緒に仕事をしたことはないが、アドバイザー的な存在。『くそ』がつくほど真面目な人で、とても勉強されている。まさに営業という印象をもった」。2か月に一度の割で会って、酒を酌み交わしながら情報交換する関係だ。「すべてが濃い話題。具体的にはこれ、と取り上げるのは難しい」。森本氏の長男と辻本氏の長女が同い年ということもあって、子供の就職などが共通の話題として盛り上がることもあるとか。

 「面倒見の良い人」である辻本氏は、人脈が豊富。その人脈を介して、交友関係が生まれることもある。(信澤健太)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)