ページの先頭です。

2010/07/08 09:20

インタビュー

[週刊BCN 2010年07月05日付 Vol.1340 掲載]

<人に人脈あり>72.一緒にいて楽しい活気
インターネットイニシアティブ 専務取締役 保条英司氏(ネオアクシス 副社長 河崎一範氏を評して)

推薦理由

ネオアクシス 副社長 河崎一範氏
営業で訪れた時に出会い、「正直、はじめは怖いという印象を受けた」というが、何度も会っているうちに「優しい人なんだな」と感じたそうだ。現在はビジネスで直接の取り引きはないが、「業界で多くの人脈があることに感銘を受けている」という。
 TISで営業部長を務めていた河崎一範氏は、インターネットイニシアティブ(IIJ)にITシステム導入の話を提案するために訪れた。サービスプロバイダへのシステム導入は、大きな案件だ。その時、対応したのが購買部門の責任者だった保条英司氏だった。保条氏は購買部長であると同時に、営業部長でもあった。価格交渉はシビアだったのだろう。保条氏は「河崎さんには、非常にきつい要求をした覚えがある」と振り返る。「もしかすると『嫌な奴』と思われたんじゃないかな」とも。その一方で、保条氏からみた河崎氏は「若い部長さんで、とても活気がある人という印象だった」と、好感をもったという。今から14年前の話だ。保条・河崎の両氏にとっては、若かりし頃のいい思い出になっている。

 TISとIIJはパートナー関係にあったが、河崎氏と保条氏は、これまでビジネスを一緒に手がけたことはないそうだ。しかし妙にウマが合い、プライベートでゴルフや飲みに行っているという。「一緒にいると楽しい」。これは、初対面の人に対しても気さくに話しかけるなど、河崎氏の周囲への気配りによるところが大きいらしい。保条氏は、「河崎氏は頭の回転が速いからこそ、その場を盛り上げられる」とみている。ゴルフでは「私より年長のはずなのに体力がある」と笑う。「今でも昔と変わらない若さを保っている」と感心しているそうだ。

 IIJはサービスプロバイダとして、インターネット接続サービスを提供してきた。今、クラウド・サービスが叫ばれるなかで、保条氏は「当社のビジネスが生かせる時代に突入した」と自信をみせている。ほかのサービスプロバイダと比べて強みになっているのは、ネットワークインテグレーションが手がけられるという点。サービスとインテグレーションを融合させたビジネスができるということだ。これは、インテグレータとの差異化にもつながる。

 このような環境の変化のなかで、「今後はSIerなど、ITシステムに長けたベンダーと共存していくために、積極的にパートナーシップを組んでいく」と保条氏。河崎氏が副社長を務めるネオアクシスとも、「クラウド時代のアライアンスを模索したい」という考えをもっている。(佐相彰彦)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)