ページの先頭です。

2010/07/29 09:22

インタビュー

[週刊BCN 2010年07月26日付 Vol.1343 掲載]

<人に人脈あり>75.魅力たっぷりの良き理解者
ヒューマンセントリックス 社長 中村寛治氏(3PAR セールスディレクター 坂井俊朗氏を評して)

推薦理由

3PAR セールスディレクター 坂井俊朗氏
 3PARの坂井俊朗氏は、中村寛治氏を紹介した理由について、「まっすぐな性格で何事にも真剣に取り組み、決してごまかさない人だから」と話す。坂井氏にとっても良きパートナーだ。
 ヒューマンセントリックスの中村寛治氏と、3PARの坂井俊朗氏の出会いは、二人がサン・マイクロシステムズ(現・日本オラクル)に在籍していた頃だった。今から15年ほど前になる。ともに九州出身ということもあって、「最初から波長が合う感じだった」と中村氏は、当時の坂井氏の印象を語る。90年代前半のサンをけん引した二人。お互いが、良き理解者だった。

 中村氏が95年末にサンを離れ、96年に日本オラクルに移籍した後も、二人の関係は続いた。「続いたというよりも、さらに深くなった気がする」と中村氏は語る。中村氏は日本オラクルに移籍した際、故郷がある九州地方での勤務を希望し、同社の九州支社に勤めることになった。「サンではそれなりの実績があったので、日本オラクルに移っても、すぐに力を発揮できると考えていた。ただ、その当時の日本オラクルの九州支社はスター揃いで敏腕営業マンだらけ。かなり打ちのめされた」と振り返る。意気消沈している中村氏を励ますため、「真っ先に九州まで駆けつけてくれたのが坂井さんだった」という。

 その後、日本オラクルの中村氏とサンの坂井氏の協業が九州で始まる。日本オラクルのソフトとサンのハードを組み合わせたソリューションをPRする施策を共同で展開した。サンが九州に拠点を構える時は、中村氏が坂井氏に協力。その一方で、中村氏が沖縄に拠点を設置する時、坂井氏は拠点開設のPRグッズ費用を半分サンの予算で賄ったことがある。

 中村氏が04年に日本オラクルを退社し、ヒューマンセントリックスを設立してトップに就いた後も、当然ながら二人の関係は続いている。同社の動画プレゼンテーションソリューション「Super Visual Presentation(SVP)」の第一号ユーザーは、実は坂井氏だった。サンのプレゼンテーションの制作を、立ち上がったばかりのヒューマンセントリックスが担当。その実績で、ヒューマンセントリックスのビジネスは軌道に乗った。

 中村氏は坂井氏の魅力をこう語る。「底知れぬ魅力のある営業マンで、苦しい時も楽しい時も共有してきた良き理解者」。

 所属する企業が変わっても、助け合って激動の時期を乗り切ってきた二人。今後も良きパートナーとしての関係が続きそうだ。(木村剛士)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)