ページの先頭です。

2010/08/05 09:20

インタビュー

[週刊BCN 2010年08月02日付 Vol.1344 掲載]

<人に人脈あり>76.“人間力”溢れる愉快なヤツ
セールスフォース・ドットコム 執行役員 前田和彦氏(ヒューマンセントリックス 社長 中村寛治氏を評して)

推薦理由

ヒューマンセントリックス 社長 中村寛治氏
中村寛治氏にとって前田和彦氏は、「営業ノウハウを学ばせてもらった尊敬する人」。中村氏が移籍した際、「技術の知識が豊富で、何でもこなすやり方に衝撃を受けた」という。中村氏の営業スタイルに影響を与えた数少ない人物だ。
 中村寛治氏は自身が設立した企業であるヒューマンセントリックスの社長を務め、前田和彦氏はセールスフォース・ドットコムの執行役員として活躍するが、ともに前職は日本オラクルだ。90年代中盤から後半にかけては、二人とも日本オラクルの九州支社に籍を置き、同じ釜の飯を食った仲。前田氏が中村氏の上司にあたり、師弟関係を築いて、九州地方の顧客開拓に力を注いでいた。

 前田氏は日本オラクルの九州支社の立ち上げに参画するため、日本IBMから日本オラクルに移籍して九州支社の設立業務に従事。その後数年経って、サン・マイクロシステムズ(現・日本オラクル)から転職してきたのが中村氏だった。

 前田氏は中村氏の当時の印象について、「とにかく愉快なヤツで、楽しい雰囲気を作るのに長けている。“人間力”があるというか、人とのリレーションづくりが本当にうまい人だと思った」と語っている。ただ、その一方で「楽しい雰囲気をつくるのがうまいだけに、半ばおちゃらけてみえて、仕事は大丈夫かなとも感じた」と、笑いながら振り返っている。

 サン・マイクロシステムズ時代、敏腕営業マンだった中村氏は、すぐに結果を出して前田氏の不安を一蹴。「最終的には、最も実績を残した営業マンに成長したんじゃないかな」と前田氏は振り返っている。中村氏はその後、日本オラクルの沖縄支店開設の陣頭指揮を執り、日本オラクルの九州・沖縄地域のビジネスに貢献する人物となっていく。

 「営業にはソリューション力とリレーション力が必要だと思うが、中村さんは強いリレーション力をもっている。誰でも仲良くなってしまい、そこからビジネスを広げる力をもっている」と、前田氏は中村氏を評する。

 中村氏が九州支社に移った時、まだメンバーは10人程度。少ないメンバーで激務をこなしていただけに、仲間意識も強かった。テニス部を作ってオフの時間はともにプレーしたり、一緒に酒を飲んだりすることも多かったという。今は別々の道を歩む二人だが、かつて九州で一緒にビジネス拡大に向けて過ごした体験は“宝物”なのだ。(木村剛士)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)