ページの先頭です。

2010/09/24 09:19

インタビュー

[週刊BCN 2010年09月20日付 Vol.1350 掲載]

<人に人脈あり>82.真剣に話を聞いてくれる人
松本屋 代表 松本潤二氏(チェンジビジョン 社長 平鍋健児氏を評して)

推薦理由

チェンジビジョン 社長 平鍋健児氏
アジャイル関連のコミュニティで知り合った。松本さんは、プロジェクトを活性化させながら協調的な仕事をするためのワークスタイルの革新を行う手法「プロジェクト・ファシリテーション」の協会を作ろうとしている。
 松本屋という屋号で個人事業を営む松本潤二氏は、コーチングやITコンサルティング、アジャイルプロセス導入支援、プロジェクト・ファシリテーションを業務としている。アジャイル開発の第一人者、チェンジビジョン社長の平鍋健児氏と知り合ったきっかけは、松本氏が2003年秋頃から参加している、アジャイルプロセスの普及/推進などを目的とした「アジャイルプロセス協議会」の場だった。

 その当時、プロジェクトで関わっていたアッズーリ代表の濱勝巳氏が運営委員として参加していたことから、協議会に参加。松本氏もすぐに運営委員として、活動に深く関わるようになった。「当時、平鍋さんは雲の上の人。平鍋さんの出身校(東京大学)のイメージで、気むずかしく変わり者なのではと思っていた」と振り返る。だが、コミュニティの勉強会後の飲み会やイベントで、平鍋氏の人となりを知ることで「人懐っこくて、質問したり意見を求めたり、逆に考えに異を唱えたりしても耳を傾けてくれて、知識を総動員してロジカルに答えてくれる」という情熱的な人柄にひかれた。

 松本氏はアジャイルプロセス協議会のメンタリング&コーチングワーキンググループに参加し、「コーチング」を知った。04年からコーチングのトレーニングを開始し、認定を受けて自らの仕事とした。そんななかで、平鍋氏が提唱する「プロジェクト・ファシリテーション」にも出会い、松本氏は「プロジェクト・ファシリテーター」という肩書きを名乗るようになる。プロジェクト・ファシリテーションとは、チームの推進者がいて、プロジェクトの「見える化」を図りながら協調関係を高めて活性化し、成果につなげる手法だ。

 松本氏は推進する人材を育成し、他業界にも広げたいと考えるようになった。そして今年9月、「プロジェクト・ファシリテーター協会」を発足。平鍋氏に顧問をお願いした。「たまたまツイッターで協会発足の構想をつぶやいたら平鍋さんが反応してくれて、今年の春頃に2時間ぐらい話した。平鍋さんの思いをくみ取りたかった。でも平鍋さんは『松本さんが考えることならいいよ』と全幅の信頼をおいて賛成してくれた」。

 顧問としての参加ではあるが「協会に対しては好きに口出ししてほしいし、海外動向などの情報もほしいですね」と望んでいる。(鍋島蓉子)

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)