ページの先頭です。

2010/10/07 09:20

インタビュー

[週刊BCN 2010年10月04日付 Vol.1352 掲載]

<人に人脈あり>84.第4ステージ終幕 ~これまでの20回を振り返って~

 「人に人脈あり」の第4ステージは、ITインフラの販売会社で組織された日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)の松波道廣専務理事の推薦によるソフトバンクBBの倉光哲男執行役員からスタートした。松波専務理事から出発したのは、ハードウェア・ソフトウェアの「売り手」にフォーカスした人脈をたどりたいとの願いを込めていたからである。

 ところが、着地点は「アジャイル開発」に長けた先駆者の人脈となった。かつてのIT販売は量販店、販売会社が担っていた。だが、いまは顧客の要望に応じ、時にはクラウド環境を使ってのシステム構築を求められていることが象徴的に現れたシリーズになった。

JCSSAのキーパーソンからスタートした人脈リレーは、アジャイル開発の先駆者にたどり着いた

START!

 松波道廣氏
(日本コンピュータシステム販売店協会)

 生真面目で、裏表がなくまっすぐな人。やると言ったら、やる人。

1. 倉光哲男氏(ソフトバンクBB)

 ソフトバンク時代の部下。ザ・コンピュータ館のリニューアルオープンで共に汗を流した。

2. 小林由明氏(オール)

 役割が明確であれば、どんなにつらい仕事でも継続できるということをこの人から学んだ。

3. 辻本和孝氏(イーサプライズ)

 いろいろな問題を抱えていた会社にいたが、事業の方向転換を図ったやり手の経営者だ。

4. 森本俊彦氏(ゲート)

 村田さんとは公私ともにつき合いがある。国内で市場をつくってきたビジネスパートナーだ。

5. 村田浩志氏(日本プラントロニクス)

 非常に論理的でカミソリのような鋭さがあり、キレがある人。

6. 新庄崇氏(住商情報システム)

 パートナーシップを組むことになったのは、「坂井さんがいたからこそ実現できた」と感謝している。

7. 坂井光一氏(リコーテクノシステムズ)

 「考え方などが魅力的」という印象を受けた。今では、「飲み友達としても最高」。

8. 河崎一範氏(ネオアクシス)

 業界で多くの人脈があることに感銘を受けている。

9. 保条英司氏(インターネットイニシアティブ)

 交渉力に長けていて、物事をまとめるのがうまい。

10. 中村彰二朗氏(日本オラクル)

  日本のIT産業界をどうすべきかを共有できる人は誰かを考えた結果、坂井さんに行き着いた。

11. 坂井俊朗氏(3PAR)

  まっすぐな性格で何事にも真剣に取り組み、決してごまかさない人。

12. 中村寛治氏(ヒューマンセントリックス)

  技術の知識が豊富で、何でもこなすやり方に衝撃を受けた。

13. 前田和彦氏(セールスフォース・ドットコム)

  石井さんの人を魅了する“人間力”を、大いに学ばせてもらった。

14. 石井洋一氏(インサイトテクノロジー)

  本を毎月30冊くらい読み、人の話もよく聞く。しかも、それをよく覚えている秀才。

15. 石井清氏(日立システムアンドサービス)

  とても独立心が強っく、自ら率先して新しいことにチャレンジするタイプ。

16. 松岡秀紀氏(システム・テクノロジー・アイ)

  日本のソフト産業は、開発手法から見直すべきとの見方で一致している。

17. 渡辺公成氏(日本IBM)

  アジャイル開発を広める戦友でもある。

18. 平鍋健児氏(チェンジビジョン)

  アジャイル関連のコミュニティで知り合った。

19. 松本潤二氏(松本屋)

  すごくまじめで気遣いがありすぎるくらいの人。

20. 天野勝氏(永和システムマネジメント)

 ※各氏のコメントは推薦の理由


10月25日号からは、内容を改め、人脈をたどる企画を開始します。

このコーナーでは、リレー方式により、人と人のつながりを追っていきます。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)