ページの先頭です。

2002/01/28 11:00

KeyPerson

[週刊BCN 2002年01月28日付 Vol.926 掲載]

フュージョン・コミュニケーションズ 社長 角田忠久
音声から映像までを集約、統合IP網サービスめざす

 100万回線の大台を超え、今年度(2002年3月期)130万回線の加入を見込むフュージョン・コミュニケーションズ。今夏には、ADSL事業者からの音声データを取り込み、既存電話網につなぐサービスを始める。法人顧客の音声、映像、データをIP網で統合的に集約するVPN構築にも力を入れる。オンデマンド型映像配信の基盤となるCDN構築やビデオ電話への進出にも意欲を示す。今は中継網サービスが中心だが、光時代にはエンド・ツー・エンドのサービスも視野に入れる。

  • 安藤章司●取材/文  ミワタダシ●写真

プロフィール

角田忠久(すみだ ただひさ)
 1940年、佐賀県生まれ。63年、九州大学工学部卒業。同年、日本電信電話公社(現NTT)入社。92年、理事兼ネットワーク高度化推進本部推進部長。94年、日本高速通信(テレウェイ)常務取締役。95年、専務取締役。98年、KDD常務取締役。99年、クロスウェイブ・コミュニケーションズ取締役副社長。00年、フュージョン・コミュニケーションズ代表取締役社長。

音声は重要なコンテンツ、今年はVoIP元年になる

――ヤフーBBやメディア、イー・アクセスなど、イーサネットやIP網技術を駆使した新興事業者が、相次いで低料金を打ち出しています。

角田 今年は、ブロードバンド(BB)に不可欠な基本サービスとして、VoIP(IP網を使い音声を伝送する技術)が一気に立ち上がる年です。昨年4月に当社がVoIPを始めたときは、音声の品質や安定性に関して、周囲から疑心暗鬼の目で見られていました。これが大丈夫だと分かった今、同様の分野への新規参入が急増するのは、ごく自然な流れです。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)