ページの先頭です。

2005/02/14 11:00

KeyPerson

[週刊BCN 2005年02月14日付 Vol.1076 掲載]

シトリックス・システムズ・ジャパン 社長 大古俊輔
有力企業とのアライアンスでメタフレームの価値を訴求

 「MetaFrame(メタフレーム)」製品群で業績を伸ばしている米シトリックス・システムズ。1月1日付で日本法人、シトリックス・システムズ・ジャパンの社長に日本アイ・ビー・エム(日本IBM)出身の大古俊輔氏が就任した。情報漏えい防止のために、同社の提唱するサーバーコンピューティングに関心が集まっている。追い風の市場環境の中で、日本法人の舵をどう切っていくのだろうか。

  • 川井直樹(本紙副編集長)/取材・文  馬場磨貴/写真

プロフィール

(おおこ しゅんすけ)1977年、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)入社。金融機関担当システムズ・エンジニアを経て、マイクロ・プロセッサーのプログラムの開発に従事。その後、IBMアジアパシフィック勤務を経て、マーケティング、セールスのマネジメント職務を歴任。99年1月、IBMウェブスフィアの日本市場投入の当初から責任者として、Javaとウェブスフィアの推進に携わる。日本IBMのオートノミックコンピューティング部門の責任者として企業の枠を超えて自律型コンピューティング技術の推進・普及を行う。一貫してソフトウェア技術とビジネスに従事し、最近はハードウェアとの枠を超えソフトウェア技術の普及に努めてきた。05年1月1日から現職。

9000社、48万ライセンスの導入実績
個人情報保護法施行でニーズが顕在化

 ──1月1日付での社長就任から約1か月。シトリックス・システムズ・ジャパンの社内の様子はつかめましたか。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)