ページの先頭です。

2008/04/14 11:00

KeyPerson

[週刊BCN 2008年04月14日付 Vol.1231 掲載]

マイクロソフト 社長 樋口泰行
顔が見える、つき合いやすい会社に ソリューションをパートナーとの連携で

 4月1日、マイクロソフトのトップに樋口泰行氏が就いた。同社に移籍後1年ほどCOOを務め、準備期間を終えて満を持してのスタートとなった樋口新体制。次期中期経営計画の立案や中核商品「Windows Server 2008」のリリースなど、就任早々に重責が待ち構えている。数々のハードメーカーで要職を務めた若きトップマネジメントは、ソフトウェアの巨人を“顔が見える会社”に変えようとしている。

プロフィール

(ひぐち やすゆき)1957年兵庫県生まれ。80年、大阪大学工学部卒業後、松下電器産業入社。91年、ハーバード大学経営大学院卒業。92年、ボストンコンサルティンググループ入社。94年、アップルコンピュータ入社。97年、コンパックコンピュータ入社。02年、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とコンパックコンピュータが合併。それに伴い、日本HP執行役員インダストリースタンダードサーバ統括本部長に就任。03年、日本HP代表取締役社長兼COO。05年、ダイエー代表取締役社長兼COO。07年3月、マイクロソフトに移籍し代表執行役兼COOに就任。08年4月1日、代表執行役社長兼米マイクロソフトコーポレートバイスプレジデントに就任。

7月に次期中計を発表「PLAN─J」は継承

 ──マイクロソフトに移籍し、最高執行責任者(COO)に就いたその時から、“次期社長含み”と噂されていただけに、樋口社長の誕生には全く驚きませんでしたよ(笑)。

 樋口 こちらに移ってからの1年間は大変ありがたい時間でした。マイクロソフトの製品、事業は多岐にわたるので、この間に製品やビジネスモデルをみっちり勉強することができましたから。引き継ぎの時間を与えてくれた会社に感謝しています。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)