ページの先頭です。

2009/11/04 20:01

KeyPerson

[週刊BCN 2009年11月02日付 Vol.1307 掲載]

NECソフト社長 古道義成
グループ経営を軸に改革を遂行

 グループ経営が成り立たなければ、当社の存続もあり得ない──。NECグループのソフト開発の一翼を担うNECソフトは、この下期(2009年10月~10年3月期)から所属するNECグループのビジネスユニット全体での損益を最も重視する経営指標に位置づける。これまでのグループ会社単位での損益管理のやり方を改めるもので、ライバルの富士通や日立製作所も同様の手法を相次いで採用。メーカー系SIerの経営改革をリードするNECソフトの取り組みについて古道義成社長に聞いた。

  • ミワタダシ

プロフィール

(ふるみち よしなり)1951年、広島県生まれ。76年、静岡大学大学院工学研究科修了。同年、日本電気ソフトウェア(現NECソフト)入社。99年、ITソリューション事業部長。00年、サーバソリューション事業部長。01年、執行役員。06年、執行役員常務兼第一ソリューション事業本部長。08年、取締役執行役員常務。09年6月、代表取締役執行役員社長に就任。

営業は解散、グループへ移行

 ──下期からのNECグループ新体制で、NECソフトの営業専任部門がなくなりました。手足をもがれた状況になるのでは?

 古道 勘違いをされておられるようですが、顧客との接点がなくなるわけではないのですよ。むしろこれまで以上に、顧客の経営課題の解決に向けて食い込んでいくための措置なのです。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)