ページの先頭です。

2011/09/01 09:08

KeyPerson

[週刊BCN 2011年08月29日付 Vol.1396 掲載]

F5ネットワークスジャパン 社長 アリイ・ヒロシ
パートナーに商材の優秀さを知らしめる

 ロードバランサー(負荷分散装置)を中心とするネットワーク機器メーカーのF5ネットワークスジャパン。このたび、そのトップが交代した。新社長のアリイ・ヒロシ氏は、身長が高く、堂々たる体躯の持ち主だ。「新規市場を開拓して、この2、3年でF5の事業をアグレッシブに拡大していく」と意気込みを示す。アリイ社長に、F5ネットワークスジャパンの事業戦略を聞いた。

  • 取材・文/ゼンフ ミシャ  写真/馬場磨貴

プロフィール

(アリイ ヒロシ)アメリカで大学を卒業し、米国ホンダに入社。セールス・マーケティングやエンジニアリング、品質管理などを担当。その後、P&Oネドロイド社(現 A.P.モラー・マースク社)に入社。1998年にアジアパシフィック事業戦略部門責任者への就任を機に、日本に赴任。2000年に日本BEAシステムズ(現オラクル)に入社し、05年に同社代表取締役に就任。07年3月、ウィプロ・ジャパン代表取締役兼ウィプロ・リミテッド日本・中国代表に就任。2011年7月1日から現職。

年内に従業員100人体制へ

 ――7月1日付でF5ネットワークスジャパンの社長に就任されました。これまでのおよそ2か月で、社員や販売パートナーとのコミュニケーションを通じて、御社が抱えている課題などを把握できましたか。

 アリイ まず、日本のIT市場において、「クラウド」「仮想化」「セキュリティ」「BCP(事業継続プラン)」の四つが、ビジネスとして拡大していく可能性が大きい分野になるとみています。F5は、これらの市場分野に対して、非常にすぐれた製品ポートフォリオをもっていると自負しています。課題は、当社の製品の優秀性をどうやって販売パートナーに理解していただくかという点です。より多くの販売店に、F5の製品をコア商材として取り扱っていただくために、販売店のサポートやトレーニングを強化しなければなりません。積極的なパートナー支援によって、販売店に対して当社の評価を高めていきたい。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)