ページの先頭です。

2011/12/15 09:08

KeyPerson

[週刊BCN 2011年12月12日付 Vol.1411 掲載]

大連創盛科技 董事長総経理 謝 銀茂
日立グループの中国DC拠点を担う

 中国・大連の有力SIerである大連創盛科技は、日立グループと組んで巨大データセンター(DC)を大連郊外の開発区に2012年11月をめどに開業する。第一期工事分のサーバー収容能力はラック換算で約2000ラック。現在確保のめどが立っている敷地面積をフルにDCとして使えば、最大1万ラックを収容できる規模に拡張できるという。日立グループの中国ビジネスにおいて、極めて重要なDC拠点の一つになる見込みだ。大連創盛科技の謝銀茂・董事長総経理に話を聞いた。

  • 取材・文/安藤章司  写真/馬場磨貴

プロフィール

(XIE YINMAO)1968年、湖北省黄岡市生まれ。91年、大連理工大学卒業。経営工学とコンピュータ科学の2学科を専攻。97年、横浜国立大学大学院修了。経済学を専攻。日立グループ企業に勤めた後、2005年、大連創盛科技の董事長総経理に就任。大連市ハイテク産業に関わる日本事務所の立ち上げに参画するなど、地元自治体のIT投資誘致活動や大連情報サービス業の発展にも貢献してきた。

日立システムズと密接に連携

 ――日立製作所グループと組んで、中国・大連に巨大データセンター(DC)の建設を進めておられますが、そもそも日立とはどのような関係なのですか。

 謝 当社は中国・大連に本社を置く独立系SIerで、日立製作所グループとはこれまでオフショアソフト開発を通じて良好な関係を築いてきました。オフショア開発とはいえ、単純なプログラム作成ではなく、できる限りエンドユーザーの業務内容を理解し、システムの設計段階から参画できるようノウハウ習得に努めてきたというのが、当社の基本的な経営姿勢です。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)