ページの先頭です。

2012/11/08 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2012年11月05日付 Vol.1455 掲載]

ノベル 社長 公家尊裕
「負のスパイラル」から脱して成長路線を敷く

 ネットワークOS「NetWare」の不振で、業績が悪化し続けていたノベル。社員数も減り続けるなかで、2011年4月に米The Attachmate Groupに買収された。製品数が増えたにもかかわらず、依然として業績は回復せず、社員数もますます減っていくという「負のスパイラル」に陥った。そんななか、数々のベンダーで社長を務めて抜本的な改革を断行してきた公家尊裕氏がトップに就いた。公家社長は、現状のノベルをどう捉え、どのような成長路線を敷こうとしているのか。

  • 取材・文/佐相彰彦  写真/馬場磨貴

プロフィール

公家 尊裕(こうけ たかひろ)
 89年、中央大学文学部卒業後、日本ディジタルイクイップメント(現・日本ヒューレット・パッカード)に入社。デルやF5ネットワークスジャパンで業務に従事した後、日本ラドウェアの社長に就任。09年、日本タンバーグの社長に就任し、シスコシステムズとの統合を進める。10年、シスコシステムズの執行役員に就任。12年6月、ノベルの社長に就任。子会社のネットアイキューの社長も兼務する。

ユーザー企業ごとの営業体制に再編

──社長に就任して、第一印象として感じたことは何ですか。

公家 社長が変わるのは、だいたいのところ会社の状態がいいわけではないので、変革していかなければならないと感じました。いくつかの会社で社長に就いてきましたが、正直なところ、この会社の第一印象はほかと比較して最悪でしたね。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月20日付 vol.1670
イッポまえだのよろしくスタートアップin関西 関西から世界へ羽ばたく

2017年03月20日付 vol.1670 イッポまえだのよろしくスタートアップin関西 関西から世界へ羽ばたく

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)