ページの先頭です。

2012/11/15 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2012年11月12日付 Vol.1456 掲載]

理経 社長 黒田哲夫
赤字を脱して再成長に向け新体制をスタート

 文教市場、製造業などに向けたシステムソリューションや衛星通信システムなどのネットワークソリューションを手がける理経は、昨年度、4年連続の赤字から脱した。今年4月に就任した黒田哲夫社長は、「もう一度、活発な理経を取り戻す」として、就任早々に組織を改編し、スピーディな経営体制を敷いた。自治体に目を向けた防災システムを“コア中のコア”と位置づけて拡販するなど、売り上げ100億円に復帰するための取り組みを進めている。

  • 取材/木村剛士  文/真鍋 武  写真/馬場磨貴

プロフィール

黒田 哲夫(くろだ てつお)
 1947年生まれ。札幌大学外国語学部を卒業後、71年2月、理経に入社。96年にネットワーク事業部長を務めた後、98年に取締役に就任した。その後、99年に常務取締役、01年に代表取締役を歴任。03年に代表取締役を退き、事業統括本部長に就く。08年に取締役に復帰し、12年4月1日、代表取締役社長に就任。現在に至る。

4期連続赤字の苦難を乗り越えて社長に就任

──昨年度、4年連続の赤字から脱して黒字に転換しましたが、かなり苦労してこられたのではありませんか。

黒田 以前は、ピーク時で300億円ほどの売り上げがありました。ですが、リーマン・ショックの影響で、お客様が軒並み大規模な開発プロジェクトを凍結したことが影響して、当社の業績は一気に悪化しました。その後も回復できず、07年度から10年度まで赤字でした。確かに、苦しい時期を経験しました。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)