ページの先頭です。

2015/08/06 09:09

KeyPerson

[週刊BCN 2015年08月03日付 Vol.1590 掲載]

京セラ丸善システムインテグレーション 代表取締役社長 松木憲一
文教と医療のビジネスで最前線に立つ

 文教と医療の領域に強みをもつ京セラ丸善システムインテグレーション(京セラ丸善SI)は、同業種向けビジネスで最前線を切り開いていく役目を果たしている。文教・医療のいずれもコンピュータメーカー系の大手ベンダーが幅を利かすなか、京セラ丸善SIは株主である京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と丸善の経営リソースを巧みに活用しつつ、自らの強みをより先鋭化させて切り込んでいく構えだ。電子カルテや図書館システム、電子書籍など尖った商材を数多くもつ同社だが、真の強みはその背後にある京セラの「アメーバ経営」にある。松木憲一社長に話を聞いた。

  • 取材・文/安藤章司  写真/赤司聡

プロフィール

松木 憲一(まつき けんいち)
 1958年、鹿児島市生まれ。83年、広島大学大学院工学研究科修了。同年、京セラ入社。京セラ国分工場(鹿児島県)情報システムセンター勤務。97年、京セラ米国法人へ出向。03年、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)商品開発事業部長。06年、取締役。10年、常務取締役。15年4月、京セラ丸善システムインテグレーション代表取締役に就任。

“一人前”になれるチャンスが到来

──まずは京セラ丸善システムインテグレーションの経営方針についておたずねします。

 今年4月1日付で京セラ丸善SIの社長に就任しましたが、個人的には前職の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の常務とは比べ物にならないくらいの重責を感じつつも、「やっとこれで一人前になれるチャンス」と受け止めています。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)