ページの先頭です。

2016/01/07 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2016年01月04日付 Vol.1610 掲載]

富士通 代表取締役社長 田中達也
富士通の「かたち」と「質」を変える

 5年間社長を務めた山本正已前社長(現会長)からバトンを引き継ぎ、2015年6月に田中達也氏が社長に就任した。「野武士軍団」と称され、富士通の強さを支えてきた国内営業部隊で前線に立ち、大型案件を数多く手がけてきた。近年は、アジアを中心に、グローバル市場での富士通の成長をリーダーとして支えてきた実績もある。途上にある大改革の仕上げを担う田中社長が見据える富士通の未来とは──。

  • 取材・文/本多和幸  写真/大星直輝

プロフィール

田中 達也(たなか たつや)
1956年9月生まれの59歳。福岡県出身。東京理科大学理工学部卒業後、80年4月に富士通に入社。国内営業部門で大手鉄鋼、石油、化学分野などを担当。2000年4月、産業営業本部産業第二統括営業部プロセス産業第二営業部長。03年4月より、富士通(上海)有限公司に。09年12月、富士通産業ビジネス本部長代理(グローバルビジネス担当)就任。執行役員兼産業ビジネス本部長、執行役員常務兼Asiaリージョン長、執行役員副社長を経て、15年6月より現職。

よりお客様志向であるべき

──社長就任発表から約1年、実際の就任から半年というタイミングですが、ここまでの率直な感想をお聞かせください。

 14年4月にAsiaリージョン長に就任したばかりでしたから、1年で社長になるなんて思ってもいませんでしたよ。最後にアジアでのビジネスをきちんと伸ばしてサラリーマン生活を終えるという気持ちでいたので、ある意味で人生設計が狂いました(笑)。ただ、社長という立場には、グローバルでの成長をリードする責任もある。直近でやろうと思っていたアジアでのビジネス拡大もより強力に推進できるわけで、だったら挑戦しようと腹を決めました。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)