ページの先頭です。

2016/03/03 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2016年02月29日付 Vol.1618 掲載]

クロノス 代表取締役社長 濱田淨史
就業管理をもっと簡単・安く

 ピー・シー・エー(PCA)の連結子会社として再出発した就業管理システムのクロノスが丸5年を迎える。発足当初に比べ売上高は1.5倍に成長。「ブラック企業問題」など労務管理の重要性が高まるなか、「もっと簡単に安く」管理できるシステム開発を目指し、クラウドへも本格参入した。依然として高いポテンシャルを秘める同市場で、強力な競合他社を前に、より存在感を発揮する。

  • 取材/谷畑良胤  写真/大星直輝

プロフィール

濱田 淨史(はまだ きよし)
 1953年9月、東京港区三田生まれの62歳。75年に東京観光専門学校を卒業後、仕事先をニュージーランドに求め、Farmers'TradingというデパートとAVBO Cleaning Serviceというクリーニング会社に約3年勤務。80年には帰国し、全自動麻雀卓の販売会社に14年間勤めた後、95年に現クロノスの事業部があったエル・エス・アイジャパンに入社、取締役に就任。2011年にピー・シー・エーの子会社として独立してから現職。

就業管理では“老舗中の老舗”

──就業管理システムの開発メーカーとしての歴史は古いですね。

 前身のエル・エス・アイジャパン(LSI)で1987年に開発・販売を開始したシステム(当時は勤務管理システム「たんぽぽ」という名称)が、現在の当社主力製品である就業管理システム「クロノス」です。2011年5月に会計システムのPCAに事業譲渡・子会社化されて創業したので、会社としては5期目になります。ですが、就業管理システムが29年目ですので、同システムでは“老舗中の老舗”のベンダーです。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)