ページの先頭です。

2016/07/14 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2016年07月11日付 Vol.1636 掲載]

ネットスイート 代表執行役社長 中西智行(1/3)
ERP新時代のスタンダードに

 2000年代半ば、日本マイクロソフトで「Dynamics」の国内投入を指揮した中西智行氏が、クラウドERPのパイオニアである米ネットスイートの日本法人社長に就任した。クラウドネイティブであることを最大の特徴として独自の存在感を発揮してきたネットスイートだが、いまやERP市場でも本格的なクラウドシフトが進み、他のベンダーもクラウドERPを前面に押し出すようになった。ERP、そしてパートナービジネスに精通した中西社長は、そうした市場環境の変化を本格的な飛躍のチャンスと捉えているようだ。

  • 取材/本多和幸  写真/川嶋久人

プロフィール

中西智行(なかにし ともゆき)
 1971年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校経済学部卒。米国公認会計士の資格をもつ。2006年、日本マイクロソフトで、ERP/CRM製品「Dynamics」の日本市場への投入を指揮し、5年間で事業を5倍に成長させた。また、12年からはSMBビジネスの責任者として、「Office 365」や「Azure」などで、クラウドのマーケット拡大を指揮した経験もある。同社退社後は、Apple Japanでエンタープライズパートナービジネスを統括。2015年9月から現職。

20年やってきたからこその資産がある

──ネットスイートは、ずっとクラウド一本でERPを提供してきた“尖った”ベンダーというイメージですが、中西さんは国内ITビジネスの王道に近い場所でお仕事をされてきた印象があって、今回の社長就任は少し意外でした。

 私がネットスイートを選んだ理由は大きく二つあって、一つは、製品・サービスがすばらしいということ。そしてもう一つは、ネットスイートが競争力を発揮できるクラウドERPの市場がこれから拡大していくのは間違いなく、大きな成長が期待できると確信していることです。

──過去、競合として戦ったこともありますよね。

 私がネットスイートのことをきちんと知ったのは2006年頃で、ちょうどネットスイートが日本に入ってきたタイミングです。同時期にマイクロソフトもDynamicsを日本に投入しましたので、ライバルになり得る会社だと認識していました。しかも、ネットスイート日本法人の初代社長は元マイクロソフトの東(貴彦)さんでしたし。私は東さんの元部下ですから、すごく印象に残っていました。

 ただ当時、クラウドでERPをやるというコンセプトはすごくいいが、本当にできるのかなと率直に思っていたのも事実です。それでも北米を中心に実績がどんどん出てきていて、日本の市場にも徐々に受け入れられるようになるだろうとは感じていました。いまでは日本のお客様の間でクラウドへの抵抗感が薄まっているというのは誰しもが感じているでしょうが、いよいよERPもクラウドの時代になろうとしていますよね。

──確かに、大手グローバルベンダーの動きをみても、ERPのクラウド化はこの1~2年で顕著になった感があります。しかしそうなると、ネットスイートのプレゼンスが相対的に低下してしまうというリスクはありませんか。

 ネットスイートは、20年近くいまのかたちでサービスをお届けしてきて、グローバルで3万社以上に使っていただいています。この実績、信頼性は非常に大きな差異化要因になると思っています。

 ERPという複雑なアプリケーションを年に2回バージョンアップして運用していくというのは、簡単なことではありません。ネットスイートはそれをずっと続けてきて、ノウハウもたまっていますし、われわれのプラットフォーム上でお客様やパートナーがつくられたアドオンも膨大なものがあります。これらの資産は、クラウドERPを始めて半年や一年でたまるものではありませんから、ネットスイートにとっては間違いなく大きなアドバンテージになると思っています。

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)