ページの先頭です。

2016/07/21 09:07

KeyPerson

[週刊BCN 2016年07月18日付 Vol.1637 掲載]

日本ストラタステクノロジー 代表取締役社長 三村俊行(1/3)
ミッションクリティカル技術は「ビジネスクリティカル」領域へ広がる

 障害発生時にも、一瞬の処理中断も起こさず正常稼働を継続するフォールトトレラント(FT、耐障害性)システム。最高の可用性を実現する「無停止技術」の専門ベンダーとしてFT製品を手がけてきたストラタステクノロジーが、日本市場に進出して今年で30年を迎える。かつては専用設計の独自ハードウェアで構築されていたこの分野でもオープンアーキテクチャの採用が進み、最近ではソフトウェアで無停止を実現する製品も登場している。日本ストラタステクノロジーで20年以上にわたってFT製品の販売に携わり、昨年9月からトップを務める三村俊行社長に、市場の変遷とこれからをたずねた。

  • 取材/日高 彰  写真/川嶋久人

プロフィール

三村 俊行(みむら としゆき)
 1980年に立教大学経済学部卒業後、ミニコンの製造販売を行う日本・データゼネラル(現アルファテック・ソリューションズ)に入社。総務部門を経て営業職に転じ、93年日本ストラタステクノロジーに入社。営業要職を歴任し、2003年からは常務執行役員として国内パートナービジネスの拡販事業に従事。2015年9月より現職。

FTの価格は100分の1になった

──三村社長が日本ストラタステクノロジーにこられたのは1993年ですが、まずは当時の会社の様子などをお聞かせいただけますか。

 今でも覚えているのは、入社3日目のことです。引き継ぎもすんでいないなか、前任者が担当していたお客様から朝7時に呼び出されました。行ってみたら、お客様は灰皿を投げつける勢いで怒っていらっしゃる。「何でお前のところのシステムは止まるんだ!」と。結果的にはハードウェアの問題ではないことがわかったのですが、お客様がそこまでお怒りになるのは、私どものシステムに障害が起きると、インフラが止まって社会的な問題になったり、人命にかかわることになりかねないからでした。それだけ重要な役割を担っている会社なんだ、ということがわかりましたが、私も若かったし、まだ3日目でしたから、いきなり怒られて相当へこみましたし、そのときは「とんでもない会社に入ってしまった」と思いましたね(笑)。

──これは転職に失敗してしまったかと。

 それに、当時の営業の現場にはちょっと殺伐とした雰囲気もあったんです。そのときのストラタス製品は一式1億円以上のシステムばかりでした。そんな高価なものを導入できる企業は限られていますから、他の営業担当者とお客様の取り合いになることも多く、“隣は敵”だったんです。でも、やりがいのある仕事でした。何億円のシステムですから、こちらは小さな会社の若い営業マンでも、商談の相手は大きな組織の幹部の方で、学ぶことばかりでした。今、私は経営者の立場になりましたが、マネージャーに必要な資質とは何かというところでは、当時のお客様から教えていただいた部分が非常に大きいですね。

──当時と今とでは、何が一番違いますか。

 「業務を止めないシステムのご提供」というビジネスの根幹は、当時から今までまったく変わりません。しかし、それをどう実現するかという環境が大きく変わりました。当時の市場には多くのメーカーが存在し、独自のハードウェアに独自のOSをのせていました。私たちもそうやって“止まらない仕組み”を提供していました。それが90年代以降、エンタープライズUNIXでも実現可能になり、その後インテルのCPUとWindowsやLinuxに移り変わっています。そして最近は仮想化、クラウドの時代です。数億円の案件ばかりという時代は終わり、今では、ハードウェアFTの製品でも百数十万円くらいからご提供できるようになりました。

──素朴な疑問として、過去1億円以上していたシステムが、100分の1くらいの値段になってしまったとすると、どのようにして収益を確保されているのでしょうか。

 単純にいうと、100倍の台数を売らなければいけないわけです。となると、「隣の営業マンは敵」の殺伐とした現場ではダメで、われわれのチーム自身、そしてパートナー様が一体となって、お客様に提案していくスキームを構築する必要がありました。幸いなことに、無停止型の市場においては競合製品があまりなかったので、ある程度の量が売れる環境をつくることはできました。それに以前から、FTという技術は気に入っているけれど「うちの会社じゃ高くて買えないよ」というお客様は非常に多かったんです。価格が下がったことによって、多くの方にFT製品を導入いただけるようになり、ユーザー層、パートナー網とも広がってきています。また、以前は本当に大事な一つのシステムだけでFTを使っていたお客様が、「これだけ安くなったならもっといろいろなところで使えるね」ということで、より多くの台数を導入いただくというケースも増えてきているのです。

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)