ページの先頭です。

2016/11/01 09:03

KeyPerson

[週刊BCN 2016年10月24日付 Vol.1650 掲載]

インフォテリア 代表取締役社長CEO 平野洋一郎(1/3)
スナップショットで評価するのは、もうやめよう

 XML専業ベンダーとして創業し、主力製品でノンプログラミングが売りのデータ連携ツール「ASTERIA」やスマートデバイス向け情報配信・共有プラットフォーム「Handbook」が好調なインフォテリア。最近では、ブロックチェーン市場開拓の旗手として注目を浴びている。グローバルでの成長を目指し、2年前にシンガポールに居を移した平野洋一郎社長にとって、みえる景色は大きく変わったようだ。

  • 取材/本多和幸  写真/川嶋久人

プロフィール

平野 洋一郎(ひらの よういちろう)
 1963年、熊本県生まれ。熊本大学工学部を中退し、83年、キャリーラボを設立。日本語ワードプロセッサの開発に従事した。87年、ロータス(現日本IBM)に入社。ロータス戦略企画本部副本部長として、表計算ソフトからグループウェアまで、製品企画とマーケティングを統括。98年、インフォテリアを創業し代表取締役社長CEOに就任。現在に至る。

“つなぐ”ニーズは大きくなるばかり

──昨年度(2016年3月期)も増収増益で、主力のASTERIA、Handbookとも順調に伸びているという印象です。

 おかげさまで好調です。当社が一貫して取り組んできた“つなぐ”ことへのニーズがどんどん大きくなってきていると感じています。

──“つなぐ”ニーズについてもう少し詳しく教えてください。

 例えば社内システムをすべて一つのシステムにまとめてERPのように運用しようという考え方はありますが、現実にはハードルがけっこう高い。昨今流行のデジタルトランスフォーメーションにしても、何か一つのプラットフォームにすべてをのせて大変革するみたいな話は、ビジョンとしては理解できても、話にのれるユーザー企業は限られています。実際は、インターネットやクラウドの普及により、どんどん細分化されたサービスがAPIでつながる時代になってきている。APIはアプリケーション・プログラム・インターフェースの名のとおり、本来はプログラミングによってつなぐものですが、これをノンプログラミングでつなぐASTERIAには、大きな活躍のフィールドがあります。APIが増えたらASTERIAは要らなくなるのではという人もいますが、逆ですね。APIが増えるからASTERIAのニーズは大きくなるんです。

──ユーザー部門主導の導入も増えているとか。

 企業システムの意思決定の力学は、情報システム部門から現場に明らかにシフトしています。この流れもASTERIAのよさを理解してもらうという意味で追い風になっています。実際にユーザー部門がASTERIAのフロー部分を書いたり、メンテナンスしたりというケースも珍しくないです。

──Handbookは、うまくモバイル活用のニーズを先取りしたという感じでしょうか。

 以前はオフィスワーカーしかITの恩恵を享受できていませんでしたが、スマートフォンやタブレット端末の登場により、セールスワーカーやフィールドワーカーも、情報で武装して仕事の価値を上げることができるようになりました。オフィスワーカーにしても、ワークスタイル変革の流れがありますから、Handbookでの情報共有はそうしたニーズに広く役立つものだと自負しています。


続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)