ページの先頭です。

2012/08/23 09:12

[週刊BCN 2012年08月13日付 Vol.1444 掲載]

限定特集

デジタルサイネージに変化 用途拡大で次のステージへ

 デジタルサイネージビジネスが変容しつつある。ユーザー企業に販促のツールとして提案するという従来型のビジネスに加えて、業務効率化や営業現場の改善など会社の成長につながる情報共有のツールとして提案できる環境が整ってきた。ITベンダーにとっては、ビジネス拡大のチャンスが到来していることになる。デジタルサイネージの可能性を探った。(取材・文/佐相彰彦)

コンテンツ制作が市場拡大のカギ
「オフィス内の利用」が新たな用途に浮上

 これまでデジタルサイネージを利用するシーンとしては、広告看板や交通広告などの屋外での利用、金融機関での接客サービスや大型商業施設などでの販売促進を目的とした屋内での利用が一般的だった。したがって、デジタルサイネージ関連ビジネスを手がけるITベンダーは、鉄道関連の企業、金融機関、商業施設を運営する不動産関連の企業、スーパーなどの小売業といった業界を対象にシステムの提案を進めてきた。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)