ページの先頭です。

2007/03/12 11:00

[週刊BCN 2007年03月12日付 Vol.1178 掲載]

ニュース

マイクロソフト 樋口泰行氏がCOO就任 法人ビジネスの責任者に 現社長はコンシューマに注力

 マイクロソフトの法人・企業・公共機関担当の責任者に、前ダイエー社長で元日本ヒューレット・パッカード(日本HP)社長の樋口泰行氏が「代表執行役兼COO(チーフ・オペレーション・オフィサー)」として3月5日付で就任した。役員を社内以外から起用するのは同社初。新任の樋口COOは、欧米に比べIT化や同社製品の普及が遅れている中堅中小企業(SMB)向け事業を中心にテコ入れをするとみられる。樋口COOが年内にダレン・ヒューストンの後任社長に着任すると、一部報道があったが、これを否定。当面は、ヒューストン社長がコンシューマ事業、樋口COOがビジネス市場を取り仕切る「2巨頭体制」で臨む方針だ。

 樋口COOは、1957年兵庫県生まれの49歳。大阪大学工学部を卒業後、コンサルティング会社や外資系パソコンメーカーを経て、03年にコンパックコンピュータと日本HP合併後の日本HP社長に就任。05年には、産業再生法の適用を受けたダイエー社長になった。昨年10月には同社を退任し、今年に入り米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOらと会って日本法人COOに就任することが決定した。「米国で働くことに、まったく関心がない」(樋口COO)と、米本社の役職はあてられていない。

 ヒューストン社長は、樋口COOを迎えた理由について、「05年7月、社長就任と同時に打ち出した3年計画の『PLAN-J』が、折り返し地点にあり、当社にとって重要なタイミングにある。日本市場を拡大するうえで、新たなリーダーを必要としていた」と、日本HP社長時代の実績などを考慮したという。

 樋口COOはこれに対し、「元々エンジニア出身で、ハードやSIを経験し、ダイエーでは顧客企業の立場でもあった。こうした多面的な経験がマイクロソフトで役立つと判断した」と、社長就任の要請を受け入れたと説明する。

 マイクロソフトの法人向け製品としては、サーバーOS「Windows Server」やデーターベース「SQL Server」、業務アプリケーションのうちCRM(顧客管理)製品「Dynamics CRM」など、一昨年から次世代製品を相次ぎ提供し始めた。今年は、ERP(統合基幹業務システム)「Dynamics AX」や「Windows Server」の後継版「Longhorn(コードネーム)」などを相次ぎ日本市場へ投入する計画だ。

 しかし、日本のSMB市場は、「当社テクノロジーの浸透度が少ない」(ヒューストン社長)ことから、まずは樋口COOの手腕がこの領域で試される。日本市場でマイクロソフト製品の浸透度は、クライアント製品が欧米に比べ半分、サーバー製品が同3分の1と低いのが現状。樋口COOは「コンシューマ市場で得たボリューム販売の成功体験を基に、ビジネス市場ではパートナーと密に連携して、ハイタッチなセールスをしていく」と、これまでの経験を生かして「PLAN-J」を加速させる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)