ページの先頭です。

2007/10/29 11:00

[週刊BCN 2007年10月29日付 Vol.1209 掲載]

ニュース

ウィルコム ネットスターのURLDBを採用 URLフィルタリングサービス提供で

 ウィルコム(喜久川政樹社長)は青少年の利用が禁止されている有害情報サイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」を提供するにあたり、アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地男社長)の子会社ネットスター(小河原昇社長)のURLデータベースを採用した。

 ネットスターのURLデータベース採用は、ISP(インターネットサービスプロバイダ)や携帯各社の導入実績が多数あること、また、日本語サイトのURL登録数が多く、パフォーマンスに優れている点などが決め手となった。

 同社は10年前からブラウザ非搭載で通話相手を限定した「安心だフォン」や、携帯を紛失した際の「リモートロック」などセキュリティサービスを提供してきた。昨今では「裏サイトなど有害サイトの世界はいたちごっこになっている。どうやってブロックをかけていくかという課題があった」(寿隆史・事業促進部特販グループ課長)ことから今回の「有害サイトアクセス制限サービス」提供に至った。

 採用に当たって、同社は通常のブラウザを使用した接続試験、負荷装置を使ったパフォーマンス試験を行い、検証したという。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)