ページの先頭です。

2009/12/01 18:40

ニュース

パラレルス、クラウド関連イベントを開催、ビジネスチャンスの可能性を説く

 仮想化や自動化などのソフトを開発するパラレルス(土居昌博社長)は、12月1日、サービスプロバイダやITベンダーなどを対象にクラウド関連のイベント「Perallels Cloud Summit 2009」を開催した。

 カンファレンスでは、SMB向けクラウド関連ビジネスのトレンドや同社の戦略を土居社長が講演。土居社長は、「経済危機でクラウドの流れが進んでいる」としたうえで、「とくにSMBの需要がますます増えるだろう」と、ビジネスチャンスの可能性を見据えた。SMB向けクラウド・サービスは、08年にワールドワイドで150億米ドル(約1兆3000億円)の市場規模だったといわれている。これが2020年には1.5兆米ドル(約130兆円)と100倍に膨れ上がるとの見方が強い。

 土居社長は、「日本でも、ワールドワイドで“ジャイアント”といわれているクラウド・ベンダーがビジネスを加速させる」と、市場の拡大を示唆。加えて、「このような状況のなかで、今ある武器を生かし、クラウドをビジネス化することがポイント」と述べた。同社は自社製品を武器にITベンダーとのアライアンスを強化することで、クラウド関連ビジネスの拡大を図る。

土居昌博社長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)