ページの先頭です。

2010/01/13 18:50

ニュース

ネットワン、NTTドコモにLTEサービス用ネットワーク基盤を提供

 ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、1月13日、移動体通信事業者のNTTドコモに対してLTEサービス用のネットワーク基盤を提供したと発表した。米ストークが開発したモバイルブロードバンド向けマルチアクセスゲートウェイ「Stoke Session Exchange 3000(SSX-3000)」をベースにネットワーク基盤を構築した。

 NTTドコモは、すでに「SSX-3000」をネットワンを通じてフェムトセルサービス用のネットワーク基盤で採用している。マルチメディアサービスの利用拡大に伴うモバイルデータ通信の急激な増加に対応するため、オールIPネットワーク基盤としてLTEネットワークでも採用を決めた。

 音声やデータやビデオなど、さまざまなモバイルデータをサポートするeNodeB(LTE用の無線基地局装置)を収容するほか、無線アクセスネットワークやモバイルアクセスシステム網で増加傾向にあるモバイルデータ通信に対応していく。

 「SSX-3000」は、通信事業者がネットワーク・エッジに配置することで、3GやWi-Fi、フェムトセル、WiMAX、LTEなどといった複数のアクセス方式を活用したモバイルブロードバンドサービスの提供が容易になる。最大16Gbpsのスループットで、1台あたり24万ユーザーの管理、異なるインフラ間のシームレスな移動、セキュリティ機能、IPセッション管理機能、課金機能などを実装している。

 コンパクトなきょう体ではあるものの、セッションと暗号化に関して高処理能力であることが特徴。ネットワンは米ストークの国内販売代理店であることから、「SSX-3000」の機能検証、NTTドコモに対する提案や販売のアプローチをかけることで今回の案件を獲得した。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)