ページの先頭です。

2010/01/28 18:26

ニュース

ALSI、USBメモリ暗号化ソフトがI・OデータのセキュリティUSBメモリに採用

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地德男社長)は1月27日、USBメモリ暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice」が、アイ・オー・データ機器(細野昭雄社長)のセキュリティUSBメモリ「EasyDisk コピー制御V」シリーズに採用されたと発表した。

 「EasyDisk コピー制御V」シリーズは、USBメモリからのデータ持ち出し、外部のPCからのデータ持ち込みを制御し、オフィス内データの漏えいを防止することが可能なセキュリティUSBメモリ。パスワードロック・自動暗号化・ウイルスチェック機能も搭載し、盗難や紛失、ウイルス感染などを未然に防ぐことができる。

 今回、ALSIのUSBメモリ暗号化ソフト「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」が、「EasyDisk コピー制御V」シリーズのコピー制御ソフトウェアとして採用された。これにより、管理コンソールの設定で、コピー制御項目やパスワード文字数など、各企業のポリシーに則って、自由にカスタマイズできるようになり、USBメモリからの情報漏えいを強固に防止することが可能となる。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)