ページの先頭です。

2010/04/28 10:06

[週刊BCN 2010年04月26日付 Vol.1331 掲載]

ニュース

ソフトロード 中国・西安市でオフショア開発 NECなどの協力会社として存在感高める

 中国・西安市に開発拠点をもつソフトロード(劉忱社長)が、オフショア開発で実績を積み上げている。約260人の開発者を保有する西安市の開発拠点を活用し、日本のITベンダーの開発プロジェクトに協力会社として参画。NECグループやNTTソフトウェア、三菱電機インフォメーションテクノロジーなどの大手ITベンダーからの受注実績がある。最近ではユーザー企業との直接取引が増加、存在感を高めつつある。

劉忱社長
 西安市のソフト開発者は、IT先進地区である北京市や上海市に比べて開発者の人件費が約20%安く、離職率も低い地域特性がある。ソフトロードの離職率は3%で、「育成したIT人材の流出が少なく、開発ノウハウを蓄積しているのが強み」(劉社長)。日本本社には、日本と中国それぞれの言語と商習慣、ソフト開発手法を知る人材を約40人揃えており、「『ブリッジSE』の能力の高さも高い評価を得ている」(同)。

 「SRM(システム・リフォーム・メソッド)」と呼ぶ、情報システムのマイグレーション手法を用いた開発が特徴で、通常のマイグレーションに比べて高品質で短納期、低コストでシステムをマイグレーションできることも強みになっているという。今後は「SRMを活用したオフショア開発ベンダーとしてアピールし、受注を拡大させたい」と劉社長は意気込んでいる。

 西安市は中国のなかでは、北京市、上海市、深・市に次いでソフト開発会社が多い市。ソフト開発の4大都市の一つに名を連ねる。市内には、約630社の企業が入居して5万人ほどが働くソフトウェアパークがある。(木村剛士)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)