ページの先頭です。

2010/06/02 11:38

ニュース

アジア最大のIT見本市「ComputexTAIPEI」開幕、iPadの影響色濃く

【台北発】アジア最大のIT見本市、ComputexTAIPEIが、6月1日、台湾・台北市の台北世界貿易センターで開幕した。毎年6月初旬、IT製品製造の集積地である台湾で開催されるこのイベントには、台湾IT業界のみならず、世界のITメーカーが参加する。ベガシステムズの若尾和正社長が、初日のレポートをお届けする。

地元各紙はComputexTAIPEIの開幕記事を1面で取り上げた

 ComputexTAIPEIでのトレンドは、半年後、一年後には世界のトレンドになることがほぼ確実だ。これをチェックするのが、訪問の最大の目的である。第30回を迎える今年のComputexTAIPEIは、「iPad」の影響を色濃く受け、タブレットPCや電子書籍に関する展示に軸足が置かれている。

 初日の印象は「人が少ない」である。世界全体、とくに欧州の不況の影響か、明らかにバイヤーの数が少ない。リーマン・ショック後の昨年でも、その影響を感じさせない人の出があったのに、今年は各ブースが商談でごった返す風景が見られない、第一、通路に溢れる人がいない。やはり、欧州での不況の影響は深刻なのだろう。

ComputexTAIPEIの会場、台北世界貿易センター

 Computex TAIPEIは、二会場で開催されている。筆者はメインの第一会場に初日を費やし、明日は南港会場に向かう予定だ。先述したiPadだが、台湾メーカーではASUSが対抗製品を発表している。ただし、ASUSは南港会場ブースがメインで、現時点ではチェックができていないことをお断りしておく。

 いまいえるのは、タッチパネルを生かしたタブレットデバイスの市場をAppleがiPadで独占してしまっては、「一将功成りて万骨枯る」状態になってしまうということ。台湾IT業界には相当数の企業が存在している。対抗製品の開発は台湾IT業界の重要課題であり、必ず成し遂げられると思う。

 第一会場を見渡して、特筆すべきは、各ブースのデモマシンのOSが「Windows7」に置き替わっていたことだ、昨年まではXP一色で、Vistaは数台だった。ハードはOSの影響を直接受ける。発売後1年に満たないWindows7の採用が進んでいるのは、XPのサポート終了の影響もあるが、それよりも台湾IT業界がWindows Vistaを“未完成品”として受け入れなかったことの証だろう。

 会場では、タッチパネル関連製品を多く目にする、これはiPadを意識したのではなく、「Windows 7の機能を生かすため」とみるべきだろう。(ベガシステムズ・若尾和正)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)