ページの先頭です。

2010/06/08 16:36

ニュース

大塚製薬、医薬情報担当者向け情報活用端末に「iPad」採用、1300台導入へ

 大塚製薬(岩本太郎社長)は、医療用医薬品関連の情報活用を促進するため、「iPad」を7月から順次1300台導入し、医薬情報担当者(MR)に配布すると発表した。

 対面での医療関係者向けの製品説明や、MRの自己学習用として「iPad」を活用する。アジア諸国や北米、欧州に点在する社員に向けて、「iPad」に最適化した最新情報を提供する。導入では、ソフトバンクグループと連携する。

 大塚製薬の岩本社長は、「iPad」導入について、「医薬品の情報提供環境が変わるなかで、製薬会社に求められる情報提供の質・スピードへの期待は、以前にも増して高くなっている。適切な情報を即時に正確に提供することは、製薬会社の使命。『iPad』をこの実現のためのツールとして、世界中の患者さんの治療に貢献する適切かつ最新の情報提供・収集に努めていく」」とコメントしている。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)