ページの先頭です。

2010/06/15 13:22

ニュース

ティー・エヌ・エス、マインドの純国産OSS、クラウドで展開

 ティー・エヌ・エス(鈴木知明社長)は、マインド(屋代真吾社長)の純国産OSS人事・給与・勤怠ソリューション「MosP給与計算V3.3.1」を、Google App Engineに対応させ、「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」ベータ版の公開を開始した。正式リリースは7月6日で、GPLライセンスで公開する。

 「MosP」は06年にマインド(屋代真吾社長)が提唱した国内初の純国産OSS人事・給与・勤怠ソリューション。「MosP給与計算V3.3.1」はJavaで開発したWebシステムで、GPLライセンスに基づいて提供している。2010年4月1日施行の改正労基法に対応し「MosP勤怠管理」とも標準で連携する。

 ティー・エヌ・エスでは、OSSを中心としたソフトウェアをGoogle App Engineなどさまざまなクラウドコンピューティング環境に適用させるソリューションサービス「クラウドZERO」の第1弾として、「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」を展開する。

 「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」は、Google App Engineへソースコードの展開を行えるスキルがあれば、サーバーなしで利用することが可能。初期導入費用を下げると同時に、ソフトウェアをクラウド環境に適合することで、メンテナンスコストを削減する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)