ページの先頭です。

2010/07/13 18:12

ニュース

エクセルソフト、Mac OS Xに対応したデバイスドライバ開発ツール新版

 エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、Jungo社のデバイスドライバ開発ツールの新版「WinDriver v10.20」を7月8日に発売した。

 「WinDriver」は、USBとPCIのデバイスドライバをユーザーモードで簡単に開発できるツールキット。OSの内部構造またはカーネルレベルのプログラミングの知識は必要ない。Windows 7/Server 2008/Vista/Server 2003/XP/2000(x86 32bitまたはx64 64bit)、Windows CE.NET/Mobile、Linux、Mac、SolarisとVxWorksに対応し、開発したコードは対応するOS間で互換性がある。今回の新版では、PCI版でMac OS X 10.5.x、10.6.xのサポートを追加した。

 価格は、「WinDriver PCI for Windows」が51万5550円、「WinDriver PCI for Windows CE&Windows Mobile」が64万4700円、「WinDriver PCI for Linux x86」が51万5550円、「WinDriver PCI for Linux PowerPC」が51万5550円、「WinDriver PCI for Mac」が64万4700円、「WinDriver USB for Windows」51万5550、「WinDriver USB for Windows CE&Windows Mobile」が64万4700円、「WinDriver USB for Linux x86」が51万5550円。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)