ページの先頭です。

2011/03/23 15:03

ニュース

プログラム言語として初、「Ruby」がJIS規格化、システム開発が容易に

 独立行政法人である情報処理推進機構(IPA、藤江一正理事長)は、ソフト開発のプログラム言語「Ruby」がJIS規格に制定されたと発表した。日本で発案されたプログラム言語がJIS規格となったのは今回が初めて。

 Rubyは、ソフト開発者のまつもとゆきひろ氏が1993年に日本で開発したプログラム言語。楽天などの日本企業のほか、セールスフォース・ドットコムなどの海外企業も利用しており、世界で高い評価を得ている。さまざまな情報システムでRubyが利用されるようになったことで、外部システムなどと相互接続性などが求められるようになり、Rubyを熟知する技術者の育成も急務になっていた。

 IPAはこうした状況を受け、「Ruby標準化検討ワーキンググループ」を設置。Rubyの文法や基本的なライブラリなどの言語仕様をJIS規格にするため、原案の作成に取り組んでいた。Rubyコミュニティや、日本工業標準調査会のレビューを経て、3月22日にJIS規格となった。

 この規格に準拠してプログラムを作成することで、外部システムとの相互接続性を高められるほか、Rubyで書かれたプログラムを実行するための信頼性のあるシステムを効率よく開発できる。

 IPAはJIS規格に続き、国際標準にするためにISO/IEC JTC 1に対して、国際標準化の提案をするよう日本工業標準調査会に申し出た。(木村剛士)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)