ページの先頭です。

2011/03/24 19:05

ニュース

【震災関連情報】「双葉町のためにパソコンの寄付を」、ボランティアのIT団体が呼びかけ

 IT関連団体の一般社団法人情報環境コミュニケーションズは、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)で避難生活を送っている福島県双葉町の町役場と町民を支援するボランティア活動を開始した。

 福島県双葉町は福島第一原子力発電所の5号機と6号機がある町で、火災と放射能漏れの影響で町民は避難を余儀なくされている。埼玉県の支援によって、町民の約1100人が3月19日からさいたまスーパーアリーナで避難生活を送り、臨時の町役場も開設した。

 情報環境コミュニケーションズは、さいたまスーパーアリーナで双葉町民が避難生活を始めた時期に、オープンソースソフトウェア(OSS)のコミュニティと協力してボランティア活動を開始。埼玉県とさいたま市から貸与されたパソコン4台を避難所に設置してインターネットに接続し、避難者のウェブサイト閲覧や情報発信をサポートしている。

さいたまスーパーアリーナの無料インターネット接続コーナー。ボランティアスタッフと組んで情報環境コミュニケーションズの愛甲裕氏がセットアップした。避難者の情報収集と発信に役立っている(写真提供:情報環境コミュニケーションズ)

 情報環境コミュニケーションズの代表を務める愛甲裕氏は、いま、パソコンを無償で提供するIT企業や個人を募っている。愛甲氏は、「現在4台しかパソコンがない状況。避難者の利用だけでなく、町役場の方が仕事をするためのパソコンも必要で、最低でも約80台は欲しい」と話しており、パソコンを寄付してくれる企業や個人を広く募っている。

 パソコンは、2007年以降に製造された機種で、OSがインストールされていなくても問題はない。「同一機種をまとまったかたちで提供していただけるとありがたい」(愛甲氏)という。問い合わせは、ボランティア活動に協力するPR会社のPRクエストの菊池泰功代表取締役で、メールにて受け付けている。メールアドレスはinfo@pr-quest.jp

 提供を受けたパソコンは、愛甲氏とボランティアスタッフがOSSのOS「Ubuntu」と、「Google Apps」などのアプリケーションを活用してセットアップ。避難所リストの作成など、主に町役場の業務に活用する。また、避難所は4月1日に埼玉県加須市の廃校に移転するが、そこでも寄付されたパソコンを活用する。(木村剛士)

【追記、3月25日】
 記事掲載後、家電・パソコン量販店を経営する2社とPCメーカー2社、そして複数の個人から寄付の申し出があり、当初必要としていた80台以上のパソコンが集まった。情報環境コミュニケーションズはUbuntuの開発者コミュニティサイト「LiberOS」でお礼の言葉を述べ、またPRクエストの菊池泰功代表取締役は、「わずか1日で求めていた台数のパソコンが集まり、心から感謝します」とコメントしている。今後、情報環境コミュニケーションズを中心として、ボランティアスタッフが寄付されたパソコンのセットアップを進める。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)