ページの先頭です。

2011/04/22 16:09

ニュース

熊本大学、マインドの国産OSSをベースに独自の勤怠管理システムを開発

 マインド(屋代真吾代表取締役)は、国産オープンソースソフトウェア(OSS)人事・給与・勤怠ソリューション「MosP(モスプ)」を熊本大学に納入したと発表した。

 熊本大学は「MosP勤怠管理V3」をベースに、独自の勤怠管理システムを開発。一部の部署で試行運用を開始した。その後、運用マニュアルやシステム不具合などを確認したうえで、適用部署を順次拡大。最終的には、700人規模で本格稼働を実現した。OSSを活用することで、短期間・低コストでのシステム構築が可能となった。

 マインドは、システム内製化を検討している企業・団体でのMosP活用を推進し、ニーズに応じてプログラムの共同管理も含めサポートを行っていく。(鍋島蓉子)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月16日付 vol.1628
エンジニアじゃなくてもわかる ブロックチェーン超入門(2)
国内でもマーケット立ち上げの動き 宝の山を掘りあてるのは誰だ?

2016年05月16日付 vol.1628 エンジニアじゃなくてもわかる ブロックチェーン超入門(2)<br />国内でもマーケット立ち上げの動き 宝の山を掘りあてるのは誰だ?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)