ページの先頭です。

2011/05/06 10:46

ニュース

IPA、「IT人材白書2011」の概要を発表、「グローバル化は不安要因」

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA、藤江一正理事長)は、IT関連産業の人材動向やグローバル化への対応、オフショア開発動向などに関する「IT人材白書2011」の5月20日の発行に先立って、ポイントを発表した。

 「IT人材の意識と環境」については、IT企業の47.3%が人材育成に関する全体方針を発信しているのに対し、それを意識しているIT人材は26%にとどまる。また、将来のキャリアに不安をもつIT技術者は20.6%で、不安を抱えていても行動に至らない割合が高いという。

 「IT人材のグローバル化」については、5000人以下の企業に勤務するIT技術者にとってグローバル化は不安要因、としている。また、IT技術者はグローバル化の流れを認識しているが、実際に外国語習得に取り組む率は低い。

 「オフショア開発」については、調査を実施して以来、2009年度に始めて開発金額が前年を割り、930億円となった。2010年度は回復する見通しだ。

 このほか、産学連携による実践的教育や突出したIT人材の活用などについて調査を実施。「IT人材白書2011」は、5月20日からIPAのウェブサイトで無償ダウンロードできる。(ゼンフ ミシャ)

■おすすめの記事





外部リンク

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)