ページの先頭です。

2011/05/12 12:29

ニュース

「SuiteWorld 2011」レポート 米ネットスイートのザック・ネルソンCEO、事業の顕著な伸びを強調

【サンフランシスコ発】米ネットスイートは、サンフランシスコで現地時間の5月8日~12日、「SuiteWorld 2011」を開催している。10日の基調講演にはザック・ネルソンCEOが登場し、約1500人のユーザーやパートナー、開発者を前に、この10年の実績を披露した。

ザック・ネルソンCEO

 ネルソンCEOは、冒頭「これほど大規模なイベントは初めての試みだ」としながら、2001年からの10年間を振り返り、「ネットスイートで大きく変わっていないことがある。それはビジョンだ。さまざまな人たちに、容易に、しかも安価にソフトウェアを使ってもらいたいと考えている」と挨拶した。

 調査会社のガートナーによると、北米やヨーロッパ、アジアパシフィックの主要地域におけるトップ10の会計管理ソリューションのなかで、ネットスイートはどのERPベンダーよりも急速にシェアを伸ばしているという。「2010年の北米での会計管理ソリューション市場で、80%という最も大きな伸びをみせた企業としてランキングされた」。

 一方で、マイクロソフトは4%、SAPは1.5%のシェアを失っていることを説明。「ネットスイートの破壊的なテクノロジーで、より早く、より安価に提供できる。これは古いモデルとは違う。他社の例を引き合いに出すと、マイクロソフトのソフトウェアを運用するために、企業は売上高の5%ほどを投資しているが、これは馬鹿らしいことだ」とした。

 現在、ネットスイートのユーザー企業は1万社に及ぶという。ネルソンCEOは、「ESETには、従業員が9人ほどのときから利用してもらっている。ガートナーによれば、セキュリティ市場のリーダーであるESETは、コンシューマ向けのアンチウイルスベンダーとしては、一番大きな成長をみせている。ネットスイートを利用することで、大規模な事業の展開に結びついた」と成功事例を紹介した。

 このほか、クラウドアプリケーションの開発プラットフォーム「SuiteCloud」を利用する開発者が4000人、ISVが提供するクラウドアプリ「SuiteApps」が1000を数えることを明かした。(信澤健太)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月27日付 vol.1634
[限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

2016年06月27日付 vol.1634 [限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)