ページの先頭です。

2011/06/02 10:46

ニュース

フルノシステムズなど3社、相田みつを美術館でiPadを活用した実証実験

 フルノシステムズ(妹尾行雄社長)、サイバーコネクション(吉村公孝社長)、クルーズ・コミュニケーションズ(今吏靖社長)の3社は、それぞれの技術を連携し「iPadを利用したデジタルコンテンツ活用の実証実験」を相田みつを美術館で開始したと発表した。

iPadを活用してコンテンツを楽しめる

 「相田みつを美術館」はより幅広い層への認知浸透を図るため、積極的にデジタルツールの活用を進めてきた。今回、あらゆる世代が直感的にシンプルに楽しめるコンテンツとつながる機会を増やすために、館内にiPadを設置。来場者とのコミュニケーションに取り組むことにした。

 実証実験モデルでは、無線LANの技術としてフルノシステムズのアクセスポイントを活用し、iPadとのデータのやりとりを実現。コンテンツ制作は、デジタルコンテンツ制作のノウハウが豊富なクルーズ・コミュニケーションズが担当している。無線技術を支えるエンジニアリングについては、サイバーコネクションがネットワーク構築設計を行った。

 従来からウェブ上で展開している「みつをTV」のコンテンツをベースに、カレンダーや書籍、カードなどのミュージアムグッズの詳細や館長の特別メッセージの動画などをiPadのタッチパネルで直感的に楽しめるようにしている。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)