ページの先頭です。

2011/06/07 12:40

ニュース

ナルボ、斉藤友男社長「ワークフローのマーケットはまだまだ残っている」

 ワークフローシステム「ワークフローEX」を開発・販売するナルボ(斉藤友男社長)。「ワークフローEX」は、稟議文書の元となるExcelやWordで作成した書類を、そのままワークフローに乗せて申請・承認・決裁するシステム。斉藤社長に、製品の特徴や市場環境を聞いた。

斉藤友男社長

 ――「ワークフローEX」の特徴を教えてください。

 斉藤
 申請フォームがExcelという発想なんです。ExcelやWordで作成した書類をそのままワークフローに展開できます。ほとんどのワークフロー製品はウェブフォームの作り込みが必要で、工数とコストがかかってきます。これは大きな違いです。

 ユーザーの業種や企業規模に偏りはありません。大規模ユーザーとしては、富士ソフトが約8000アカウントを利用しています。使い方もまちまちで、本来の申請・承認・決裁に使うケースのほか、ピー・シー・エーのERP「PCA Dream21」などとのデータ連携のためだけに使うケースもあります。

 ――今後の商機はどこにありますか。

 斉藤
 ワークフローのマーケットは、まだまだ残っていると考えています。例えば、製造業の設計業務で図面を展開するときなどにワークフローが有効です。現在は、ほとんど使われていないでしょう。申請フォームをいちいちデザインする必要があり、コスト面で敷居が高かったからだと思います。「ワークフローEX」なら、Excelで容易にワークフローに展開できますし、そのような心配は不要です。

 ――導入にあたって、どのような提案が有効だとお考えですか。

 斉藤
 一般的なワークフロー製品を導入している企業は、まだ少ないと考えています。「コストを削減できる」では導入は進みません。コストに問題意識が集中するとうまくいかないのです。内部統制やプライバシーマークといったキーワードで導入に結びついているのは全体の2割くらいの企業に留まっており、思ったより少ない印象です。ワークフローを提案する際は、“見える化”や情報の検索性の改善、ペーパーレス化などによって、業務を効率化できることを訴えることが最も有効的です。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)