ページの先頭です。

2011/10/19 18:31

ニュース

ALSI、NTTデータの総合クラウドサービスを「intra-mart」の商用・開発環境に採用

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、統合型フレームワーク「intra-mart」のクラウド開発基盤として、NTTデータ(山下徹社長)が提供する総合クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)」を商用・開発環境として採用し、サービスを開始する。

 10月12日、NTTデータの「BizXaaS」の商用環境で稼動するクラウド型経費精算システム「EOCAS Works on BizXaaS」の提供を開始した。ALSIの経費精算システム「ECOAS」のクラウド版は、今年4月から提供しているが、新たに「ECOAS Works on BizXaaS」を追加したことによって、クラウド基盤とアプリケーションが一体となったサービスの提供ができる。

 「ECOAS Works on BizXaaS」の提供と同時に、「BizXaaS」を自社のイントラマート開発基盤として採用。それまでユーザー企業の開発規模に合わせて自前のサーバーで開発環境をそのつど準備していたが、「BizXaaS」上で開発環境を構築することで、柔軟な開発環境を迅速に構築できる。さらに、中国の大連にあるALSIのオフショア開発拠点との共同利用が可能となり、開発効率の向上とユーザー企業へのサービス向上を実現する。

 ALSIは、開発環境のクラウド化を実現したことを強みに、NTTデータとの連携を強化して、コスト削減や業務効率の向上に適したクラウドソリューションを提供していく。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)