ページの先頭です。

2011/11/25 14:53

ニュース

<MIJSカンファレンスin上海>日中のベンダーとユーザーなど、約300名が参加、国産ソフトを紹介

【上海発】日本国内の有力ソフトウェアベンダーが加盟する「Made In Japan Software Consortium」(MIJS、内野弘幸理事長)は、11月25日、中国上海市内の世貿商城(上海マート)で、中国内で活動するベンダーやユーザー企業を中国ローカルベンダーなどに紹介する「MIJSカンファレンスin上海」を開催した。

上海世易(上海マート)2階が会場

 MIJSの「海外展開委員会」(委員長:飯島邦夫闊利達軟件(上海)有限公司/クオリティ上海総経理)の活動として実施。日本国産ベンダーは、17社が、日本語トラック(2会場)と中国語トラック(2会場)に分かれて発表。来場者は約300名に達した。

 当日の発表ベンダーは、以下の通り。

計4台のエイサー「ICONIA TAB」が参加者に当たる抽選も

 Anhui OSS、インフォファーム、アプレッソ、NEC、電通国際情報サービス、東洋ビジネスエンジニアリングス、インフォテリア、サイボウズ、構造計画研究所、クオリティ、ウイングアークテクノロジーズ、NTTデータイントラマート、SGシステム、WEIC、野村総合研究所、ビー・エス・ピー、日立ソリューション。

(谷畑良胤)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)