ページの先頭です。

2011/12/08 17:18

ニュース

サイボウズスタートアップス、安否確認サービスの無料トライアルの受付けを開始

 サイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)は、安否確認サービスの無料トライアルの受付けを開始した。

 クラウド環境で提供する安否確認サービスは、9月に開始したスタートアップ支援プログラムの第一弾。安否確認と情報集計、対策指示の三つを主な機能として、災害だけでなく、ネットワークトラブルやサイバーテロのバックアップシステムとして利用できる。

 東日本大震災と同等規模の大災害を想定し、メインサーバーをシンガポール、バックアップサーバーを北米と東京に置く。メッセージングソリューションのユミルリンクと業務提携し、リレーサーバー「Cuenote SR-S」の技術を用いて携帯キャリアの同時メール送信でのブロックを回避。1時間あたり15万通以上の効率的な高速メール送信ができる。

 利用イメージは、まずシステム担当者がユーザーを初期登録し、危機管理責任者がメールテンプレートと設問フォームを登録。従業員に対して定期的な緊急連絡先のメンテナンスを案内する。災害時には、危機管理責任者が従業員にメールを一斉送信し、ダイレクトログインで設問フォームに回答させる。マネージャーに対しては回答集計ページを案内し、安否状況の確認や対策の指示ができるようにする。

 初期費用は無料。配信の優先度や保証内容が異なる二つのプランを用意する。95%稼働保証付き(定期メンテナンス除く)のスタンダードプランは月額7980円(50ユーザー)。99%稼働保証付きで優先的にメールを高速配信するプレミアプランは月額9980円(50ユーザー)。「サイボウズ ガルーン」や「サイボウズ Office」の保守ライセンス、またはサービスライセンスを保有するユーザー企業を対象とする優待価格も揃えた。

 山本社長によると、100社/従業員数500人の利用が黒字化ライン。2012年末までに、200社の獲得を目指す。「当面はCstapが全面的に事業を展開するが、来年6月には新会社にする」という。今後は、スマートフォンで使うルート営業用報告書サービスを2012年1月、ソーシャルToDoサービスを同年2月、面接支援サービスを同年3月に順次リリースする予定。山本社長は、「安否確認サービスとルート営業用報告書サービスは、サイボウズへの問い合わせが多かったので開発した。ソーシャルToDoサービスと面接支援サービスは、米国市場をリサーチして開発に着手した」と明かした。(信澤健太)

安否確認サービスのシステム構成

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)