ページの先頭です。

2012/01/26 09:20

[週刊BCN 2012年01月23日付 Vol.1416 掲載]

ニュース

GMOクラウド クラウドサービスに手応え 日米で事業拡大を進める

 GMOクラウド(青山満社長)は、パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」の伸びしろの大きさに手応えを感じている。国内はもとより、パブリッククラウド発祥の地である北米でもサービスを開始して半年余り。日米の両国でユーザーが堅調に増えており、当面は「全体で年率3~4倍の割で伸びる余地がある」(田中康明常務)と自信を示す。2011年10月にはフィリピンに北米向けの英語によるサポートセンターを開設するなど、サポート重視の姿勢で臨む。

田中康明常務
山田裕一部長
 「GMOクラウドPublic」の最大の特徴は、従来のインスタンス型ではなく、リソース型のサービスであることだ。インスタンス型はAmazon Web Services(AWS)をはじめ多くのパブリッククラウドで採用されており、1料金プラン1仮想サーバーを原則としている。これに対してリソース型は、CPUやメモリ、ディスク容量といったリソースを組み合わせ、リソースが許容する範囲で仮想サーバーを何台でも稼働することができる。

 ユーザーは、仮想サーバーの用途に合わせてCPUやメモリ、ディスク容量を自由に組み合わせることができ、「ムダなくリソースを使える」(山田裕一・ホスティング営業部長)のが強み。例えば、負荷が常に変動するタイプのITシステムにおいて、あらかじめ処理能力が決められた仮想サーバーを乗り換えるよりも、CPUやメモリなどリソースを足したり、減らしたりするほうが微調整が利く。このためムダが省け、コスト削減につながるわけだ。

 2011年10月からは北米向けサポートセンターをフィリピンに開設し、12月からは仮想化ソフトをKVMとXenのいずれかを選択できるようにするなど、サービス内容を拡充した。GMOクラウドのプライベートクラウド「IQcloud」とあわせて、クラウド事業を伸ばしていく方針だ。(安藤章司)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)