ページの先頭です。

2012/02/09 17:36

ニュース

サイボウズスタートアップス、ルート営業用のクラウド型顧客管理サービスを発売

 サイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)は、昨年9月15日に開始したスタートアップ支援プログラムの第二弾として、ルート営業用のクラウド型顧客管理サービス「営業報告サービス」の販売を開始した。

 「簡単」「単機能」をコンセプトに、ルート営業の担当者が顧客リストを外出先で管理・検索したり、報告書を登録したりできるサービス。顧客の写真を含めた詳細な報告書を顧客リストに反映し、四つのステータスで顧客の状態を視覚化できるので、効果的な情報活用ができる。スマートフォンと連携することで、顧客の状況をリアルタイムに確認できる。

 山本裕次社長は、「営業担当者の周辺業務はIT化されているが、本業である営業の部分のIT化が進んでいない」と現状を説明。必要な情報を現場で確認し、クラウド上で情報を管理して、報告書を簡単に作成できる「営業報告サービス」の使い勝手のよさをアピールする。

 月額利用料金は、5ユーザープランが9800円(2G)、20ユーザープランが2万4800円(10G)、50ユーザープランが3万9800円(30G)で、データ増設が5000円(10G)。来年4月までに200社への納入を目指す。

 現在はiPhone版だけで、Android版は4月に公開する予定。サイボウズ製品とは連携していないが、バックアップと分析を目的としたPaaS「Kintone」との連携を検討している。スケジュール連携は行わない方針。

 なお、2~3月に「ソーシャルToDoサービス」、3~5月に中途採用専用の能力判定サービス「面接支援サービス」、4~6月に個人向けの伝言保管サービス「ファミリーノート」をリリースする予定。(信澤健太)

「営業報告サービス」の利用画面

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)