ページの先頭です。

2012/02/20 17:19

ニュース

日立システムズと住宅ソリューションズ、KSK、住宅建設向けサービスで協業

 日立システムズ(高橋直也社長)は、住宅ソリューションズ(北上義一社長)、KSK(河村具美社長)と協業し、住宅ビルダー向け統合管理サービス「住宅マネージャー on SaaS」を発売した。販売は、住宅建設業界に幅広い販路をもつ住宅ソリューションズが総代理店となり、日立システムズと協力して拡販する。

 KSKが開発した10種類の住宅建設業向け業務システムから機能を厳選し「顧客管理パック」「発注・業者管理パック」「統合管理パック」の3種類で構成する。

 マルチテナント型クラウドサービスとして提供。サーバーなど専用のIT機器や個別のシステム開発が不要で、インターネットに接続できるパソコンがあれば、操作教育の期間も含め、申し込みから最短2週間程度で利用できる。日立システムズは、既存システムからのデータ移行、個別操作教育、データ入力代行サービスなど、顧客のサービス開始・運用を支援するオプションサービスも提供する。

 ユーザー企業は業務のニーズに適したサービスパックを選択でき、最適なコストでシステムを利用できる。また、初期導入コストを低減できるほか、バックアップなどのシステム運用作業も不要で、運用コストを抑えることができる。さらに、強固な日立システムズのデータセンターで運用するので、事業の継続性が高まり、BCP対策にもつながる。

 日立システムズでは、主力事業として強化中であるクラウドサービスの一つとして、日立グループのクラウドソリューション体系「Harmonious Cloud」で「住宅マネージャー on SaaS」を展開。住宅ソリューションズ、KSKと協業し、それぞれの強みを生かして機能強化・拡販を推進することで、今後4年間で300社への販売を目指す。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)