ページの先頭です。

2012/03/16 18:54

ニュース

ワークスグループ、「COMPANY」のグローバル対応版とBPO世界最大手ADPとの提携を発表

 ワークスアプリケーションズ(牧野正幸CEO)は、「COMPANY 人事・給与」のグローバル対応版を発表した。また、グループ会社のワークスビジネスサービス(WBS、石川 芳郎代表取締役)が、人事・給与アウトソーシングサービスで世界最大手の仏ADP Employee Services International(ADP ESI)と提携したことを発表した。

 グローバル対応版は、日本本社や海外拠点の人材情報を「COMPANY」上で一元管理し、横断的に検索・参照する機能を実装。多言語に対応し、各国言語での入力・表示や地域言語と公用言語での名称管理などができる。

 WBSは、「ADP Streamline」のパートナーとしてADP ESIと提携し、「COMPANY」を利用したアウトソーシングサービスを開始した。「ADP Streamline」のユーザー企業日本法人の給与計算をWBSが受託し、日本独自の給与制度や法制度などに即したビジネスプロセスアウトソーシングサービスを提供する。(信澤健太)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)