ページの先頭です。

2012/04/04 16:58

ニュース

東芝ITサービス、中・大規模システム向けのデジタルサイネージシステムを発売

 東芝ITサービス(石橋英次社長)は、デジタルサイネージシステム「びじゅ衛門 エンタープライズ」を4月9日に発売する。同時に販売パートナー企業の募集も開始する。

 「びじゅ衛門 エンタープライズ」は、1台のシステムで複数の顧客を管理できる「マルチテナント」に対応し、自社内でデジタルサイネージを導入する企業をはじめ、デジタルサイネージのサービス提供企業(SaaS・ASP提供業者)やコンテンツの運用受託企業など、さまざまな業種・分野に対応するデジタルサイネージシステム。

 複数の顧客を管理できる「マルチテナント」機能や、動画・静止画・テロップなどの1画面最大10分割、遠隔地のディスプレイ表示が確認できる「スナップショット」機能、簡単に操作できるウェブベースのGUIなどを備えている。

 価格はオープンで、参考価格は管理サーバーライセンス(1コミュニティつき)が30万円から、プレイヤーライセンスが1台5万円から、1コミュニティ追加ライセンスが10万円から。今後、SaaS・ASP提供業者、小売業、公共機関、ビル管理などの分野で、3年間で6億円の販売を見込んでいる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)