ページの先頭です。

2012/07/05 18:10

ニュース

ALSI、情報漏えい防止対策ソリューションがVMware View 5.1環境に正式対応

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、情報漏えい対策ソリューション「InterSafe ILP」を、ヴイエムウェア(VMware、三木泰雄社長)が提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 5.1」環境に正式に対応した。

 「InterSafe ILP」は、「重要情報を保護」「外部デバイスへ不正に持ち出しさせない」「持ち出し後のファイルを安全に活用する」をオールインワンで実現する情報漏えい対策ソリューション。今回、「VMware View 5.1」環境に正式に対応したことで、仮想化デスクトップ環境でのきめ細かいデバイス管理ができるようになった。これによって、社外でも社内と同様の強固なセキュリティ対策を講じることができ、仮想化環境での情報漏えい対策を施すことができる。

 デバイス制御として、クライアントPCからのファイル持ち出しルートを遮断することができる。また、汎用USBメモリをセキュリティUSBメモリ(暗号化)に変換。コピーガード機能によって、USBメモリの安全性を高めることができる。さらに、データの持ち出しをファイル単位で上長が承認する機能をもつ。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)